このページでは、血液をきれいにするサプリメントについてランキング形式で詳しく紹介しています。

  • 「ドロドロ血液じゃないかと心配だ」
  • 「血液に良いものを探している」

といった方の参考になれば幸いです。

血液をきれいにするDHAサプリランキング

当てはまる人はご注意を!あなたはこんな生活してませんか?

あなた自身も含めた周囲で、こんな声を聞いたことはありませんか?
「野菜を食べてない」
「運動不足」
「よく眠れない」
時短のためにスーパーのお惣菜やコンビニ弁当で食事を済ませたり、手軽で安いファストフードを利用するひとは多いはずです。
運動をしたほうが良いのは分かっていても、時間がない、体力的にツラい。最近、眠りが浅くて寝不足だ。
一つ二つは心当たりがあるのではないでしょうか。
これはストレス社会を生きる忙しい現代人が共通して抱える悩みです。
ですが、このような生活を続けて体に良いわけがありません。
揚げ物や肉、菓子パンなどの脂質や糖質が多い食事をとっていれば中性脂肪やコレステロールが上昇します。
運動しなけれは脂質や糖質は燃焼されず、溜まる一方です。
睡眠不足は自律神経やホルモンのバランスを崩します。
結果、血液がドロドロになり、生活習慣病と呼ばれる高血圧、糖尿病、また心筋梗塞や脳梗塞など大きな病気を引き起こす原因となり得るのです。

血液をキレイにするには?

人間の体には、すみずみまで血管が走っています。
この血管を流れる血液が、酸素や栄養を運び、私たちを生かしています。
血管は道路、血液は輸送車だと考えてみて下さい。
血液がドロドロになるということは、慢性的に渋滞が続くようなものです。
そして、血液が固まり、血栓が出来て血管を塞いでしまうと、脳卒中や心筋梗塞という大事故を引き起こしてしまうのです。
そうならないために、食事と運動には気を配らなければいけません。
脂質と糖質過多の食事を改め、意識して血液をキレイにする食材を摂るべきです。
抗酸化作用のあるビタミンたっぷりの野菜、DHAとEPAを含む魚、血栓を溶かす作用がある納豆、食物繊維が多いキノコ、ミネラル豊富な海藻類がその食材です。
また運動はウォーキングやサイクリング、エアロビクスなどの有酸素運動が効果的です。有酸素運動を行うことで血中脂肪が消化されるだけでなく、血管が広がり、血液が通りやすくなります。

DHA・EPAの働きについて

血液をキレイにする食材の中で、一番摂るのが難しいのは魚だと思います。
水産庁が発表する水産白書に、日本人の「魚離れ」について指摘があります。もともと肉よりも魚を食べることが多かった日本人ですが、平成18年を境として肉食のほうが多くなり、その差は年ごとに拡大しています。
統計的に、年間で魚の摂取量が多い国ほど国民の平均寿命が高い傾向がありますが、魚を食べることでDHAとEPAを摂取することが出来るのです。
この二つはオメガ3脂肪酸の一種で、その作用は中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させ、血栓が出来るのを防ぐというものです。特に青魚に多く含まれています。
オメガ3脂肪酸と聞くと、亜麻仁油や荏胡麻油などに含まれるα−リノレン酸が有名です。
ですがα−リノレン酸はいったん肝臓に吸収されたのち、EPAに変化し、最終的にDHAになるのです。当然、摂取量は劣ってしまいます。
魚を食べてDHAとEPAを摂るのは「魚離れ」の私たちには厳しいかもしれませんが、サプリメントで無理なく補う便利な方法もあります。

DHAサプリには副作用はありませんか?

サプリメントは形状も用法も薬によく似ていますが、医薬品ではありません。
医薬品は病気や怪我を治す強い作用があります。その反動として副作用があるのです。
DHA・EPAサプリは健康食品ですから、副作用の心配は無用です。医薬品とは違い、穏やかに健康を補助するのがサプリメントです。
気をつけなければいけないのは、食物アレルギー、そして薬の飲み合わせです。
食物アレルギーのある方は、原材料表示をよく確認して十分に注意を払って下さい。
DHA・EPAサプリは血液をサラサラにしてくれます。そのため循環器系の薬は効きすぎてしまう可能性があります。
例えば高血圧症の方に処方される降圧剤、血栓が出来ないように予防するワルファリンなどです。
市販の風邪薬や頭痛薬などは問題ありませんが、医師から処方された薬、常時服用している医薬品があれば、医師または薬剤師に相談して下さい。
薬によっては分量計算が変わってしまうこともあります。
安心してサプリを飲み、効果を実感するためにも、薬の飲み合わせには慎重になって下さい。

私のイチオシ

更新日:

Copyright© 血液をきれいにするサプリメント , 2017 All Rights Reserved.